アイキャッチ画像

Forexland

海外FX口座Forexland(フォレックスランド)の特徴。わかりやすく解説!

今回は、海外FXのブローカーForexland(フォレックスランド)の特徴について調べてみました。

つい最近できた海外FX会社なので聞いた事がないと思う人もいるかもしれません。

 

私も海外FXブローカーで最大の人気を誇っているXMを普段ディトレで使っていたのですが、リスク分散するという意味で色々な海外口座を試してみています。

そこでXMを上回る様な条件や安定感があるというのをForexland(フォレックスランド)で発見しましたので掘り下げてみていきたいと思います。

 

今のご時世、何があるか分からないのですから皆さんも資産を分散させるなどはしておいた方が良いですよ!

では、本題のForexlandは具体的にどの様な特徴があるのかを説明していきます。

 

 

Forexlandの特徴について

特徴は以下の通りです。

  • レバレッジが最大500倍
  • トレーディング商品の種類が100種類以上
  • コピートレードに特化している
  • スプレッドが狭い
  • 日本語でのサポートで安心

詳しく説明していきます。

 

1.レバレッジが最大500倍

まずはレバレッジについてです。

Forexlandのレバレッジは500倍です。海外口座らしくレバレッジが高めに設定されています。

国内でしたら25倍までと言うことなどで、約20倍の資金でトレードが出来るという事になります。

10万円であれば国内口座では250万円の取引のところForexlandでは5000万円の取引が出来ます。

 

XMの888倍のレバレッジと比べると低いので劣っていると思うかもしれませんが、500倍は十分なレバレッジでそこまで高いレバレッジは必要がないのです。

 

 

国内口座しか使った事が無い人はレバレッジが高いと危ないという人がいますが、ですが全くその様な事はありません。

レバレッジを利用してギリギリの大きなロットでトレードするから危ないのです。

 

ギャンブルの様なものです。

例えるなら時速200キロ以上出せる外国車と180キロまでしか出ない国産車を比べ、公道を制限速度で60キロのスピードで走る国産車と、外国車で公道を60キロで走る場合どちらが危険ですか?と、なった時、どちらも同じではないですか?

そして、イザって時に200キロ以上を出せる馬力がある外国車の方がむしろ安全なのに、レバレッジが高いと危険と言っている人は60キロで安全運転をしている国産車と、いきなり200キロ以上で走る前提の外国車を比較して危険と言っているようなものなのです。

練習もせずに200キロ以上で走ったら危険なのはわかりますよね?

 

スピードが出る車でも安全運転やルールを守る事は絶対条件なのです。
しかし、海外FXの中には少額でレバレッジを異常に高くし証拠金をすぐに吹き飛ばすようにしているような海外FX会社もあります。

ですが、Forexlandのレバレッジの500倍は海外FXの中でも高すぎず低すぎず安全なレバレッジだと思います。

初心者や海外FXが初めてだという人には一番使いやすい倍率だと言えるでしょう。

 

2.トレーディング商品の種類が100種類以上

Forexlandのトレーディング商品の種類は120種類となっています。
日本でのFXと比較するとかなり商品ラインナップが豊富だといえます。

日本国内のFX会社はメジャーな日本円の通貨ペアを多く取り扱う傾向がみられ、商品の種類が多いとは言えません。
ですが、Forexlandではトレーディング商品の種類が多く国内口座では取り扱いしていない通貨ペアや商品が沢山あります。

 

通常のFX通貨ペア銘柄100種類あるのでトレードで困る事はまずないでしょう。
種類が多い上、珍しい通貨もあります。

トレードで使用はしなくても相対関係などを知るのに役にたちます。
Forexlandには国内FXにはない仮想通貨や金属仮想通貨などもあります。

 

FX口座でアルトコインペアのトレードができます。種類も豊富で流通量の多いアルトコインのセレクトなので、比較的トレードしやすいと思います。
金、銀、プラチナ、パラジウムなどの金属にもコモディティ投資する事ができます。
簡単にコモディティ投資を説明すれば、原油やガソリンなどのエネルギー、金やプラチナなどの貴金属、コモディティ(商品)に投資することをいいます。

金は、リスクオフで市場が下落しているときに上昇する傾向があるため、安全資産として人気があるので他の口座を開かずにトレード出来るのは便利だと言えるでしょう。

 

 

3.コピートレードに特化している

Forexlandの一番の特徴で海外FXの一番人気のXMにないサービスのコピートレードが出来るというのがあります。

今からFXを始める人や、やっても上手く勝てない、トレードをしたくても時間が無いといった人にはコピートレードはお勧めです。
自動で取引するのでEA(自動売買)と似ていると思うかもしれませんが、EA(自動売買)は売買でのロジックでテクニカルポイントが発生したらシステムが自動的に売買を行うので、ファンダメンタルズ分析が出来ず、急な為替の動きに対応できません。

 

ですが、コピートレードは生身の人間が運用しているので、相場の急な動きにも対応できます。

EA(自動売買)でコツコツドカンをやってしまう人のドカンはファンダメンタルズ分析が出来ていない事が原因の多くなので、ファンダメンタルズ分析が出来るコピートレードは時間のない会社員や主婦、上手い人のトレードを見て見たい人などにもってこいのサービスです。

 

4.スプレッドが狭い

Forexlandのスプレットは海外口座の平均的スプレットと言えますがEUR/USDの最低スプレッドは0.8 ピップスとなっていてこれはXMをしのぐスプレットだと言えます。
もちろん、国内口座のスプレットと比べると広いと思うかもしれませんが、これは海外口座全般が取り引き手数料が必要ないのでスプレットで業者側の儲けとしているからです。

国内FXとForexlandのスプレットを比べるのであれば手数料も含めて考えてみましょう。

 

5.日本語でのサポートで安心

平日5日は24時間日本語でのサポートがあります。

海外FXだから日本語で出来ないのでは?と心配する人もいるかもしれませんが言葉の壁はないのでご安心ください。
サポートを利用しないでトラブルが無いのが一番なのですが、このブログを書く為に本当に日本語で大丈夫なのか?

 

すぐに返事が返ってくるのかを検証するためにサポートに質問を数点してみました。

平日の日中だったのですぐに日本語で返信され、海外口座で大人気のXMと比べても差はないと感じました。

日本への参入は短いかもしれませんが企業努力されているなぁと感じられました。

 

 

まとめ

Forexlandのレバレッジ500倍はとても使いやすい倍率である。
Forexlandの法定通貨ペアについては種類が多い上、珍しい通貨も取り揃えがある。

バラエティにとんだ商品を通常では別会社の登録が必要になるコモディティ投資、仮想通貨や株なども同じFX口座で取引できるのでかなりのメリットだと言えます。

 

経験が少なくファンダメンタルズ分析が苦手でもForexlandを使えばテクニカル分析のみのEA(自動売買)とは違った人の手を借りたトレードが出来るので安心です。
書いてはいませんがもちろんForexlandでも海外口座の旨味のゼロカットシステムは採用されています。

 

証拠金以上のお金が必要ないので安心してトレードができます。
Forexlandのデメリットはまだできたばかりの会社なので、情報が少ない、疑って決めつけた悪意のあるブログ等が多くある。

ですが、実際に出金停止等の事例はネット上で見られませんしサポートの対応などをみると企業努力されていて将来的にはXMなどの人気海外FXの会社と肩を並べる優良な海外FX会社と言ってもいいでしょう。

 

-Forexland
-, , , ,